history

 

1970年代

私のライフスタイルに多大な影響を与えたのは、

幼い頃から始めたスケートボードやサーフィンでした。

 

それからの私の憧れは、音楽もファッションもスポーツも、

全てのライフスタイルと共にあったのはアメリカンカルチャーだでした。

ハワイやロサンゼルスのサーフシーンを経験する事で、さらに拍車がかかります!

 

 

大学を卒業すると、

日本のインテリア業界でマーケティングの仕事に関わる事になります。

自分の実力以上の成果と報酬で浮かれていたバブル時代。

 

 

1980年代

バブルが弾けてそれからの10年間日本経済は閉塞感そのものだった。

組織では悪者を探し始める。

デフレやリストラ、レイオフなんて言う聞きなれない言葉を知るようになったのはその頃でした。

結局10年どころか、20年以上、地域や人によっては未だに立ち直れないでいる。

 

そんな時代だから、大企業だって老舗の優良企業だって、

そう銀行だって保険会社だってバタバタと倒れた。

私もそのまま、そんな空気にただ流されて惰性的な人生を歩んでいました。

いつしか画一的な社会人生活を退屈に感じはじめると、

それは望んでいた最終系ではないと薄々感じるのに、そう時間はかかりませんでした。

 

 

「独立なんてリスキーな事は考えるな、地道にサラリーマンを続けて、

毎月給料をもらっていた方が、賢い生き方だよ!」

そういう人は沢山いました、そんな時代でした。

 

1990年代はじめ

旅先のロサンゼルスで一軒のカフェに立ち寄ります。

ハリウッドにあったそのカフェに入った私は今までにないインパクトと衝撃をうけました。

  

 

LAで私が出会ったそのカフェは、

顧客とスタッフとの関係性が作り出す「いきいき」とした店の雰囲気は

表現する言葉が見つからないほど輝やいていました。

 

日本に帰国してからは、もうカフェビジネスに夢中になって、

マーケット、業界構造、トレンド、将来構想など徹底的に研究を始めます。

その頃の日本のカフェマーケットは、ピークは過ぎ成熟期にありました。

おまけに不景気のまっただ中である日本経済では、衰退、停滞の言葉をよく耳にしました。

 

 

システマチックに完成された物流、商流システム、

日本カフェマーケットを知れば知るほどとても残念に思ったのは意外だったのを思いだします。

残念ながらカフェビジネスに情熱を傾ける理由はそこにはありませんでした。

 

  

その後、LAで出会ったそのカフェは、翌年1号店を中央区銀座にアジア地区初上陸を果たします。

そして、まんまと日本の暗く停滞したカフェシーンにおいて颯爽と現れては大成功をおさめ、

世界的にも新しい潮流となり、今も尚業界のトップリーダーに君臨しています。

 

この「アメリカンビジネス」との初めての出会いは、

私にビジネスモデルと言う言葉を教えてくれました。

 

憧れは、

「アメリカンカルチャー」から「アメリカンビジネス」

へとシフトチェンジした瞬間でした。

 

その年の暮れ、私は退職願を出します。

  

 

こうして私のビジネスへの長い道のりが始まりました。